記事詳細

貴乃花親方、協会と戦いますとガチンコ宣言 白鵬ら“断罪”土俵に上がるのは「神事に反する」 (2/2ページ)

 協会執行部から「報告がない」と批判されながら沈黙を続けた理由は、「協会と発表していることと違う事実を発表しても混乱を招くだけ」と親方。貴ノ岩の陳述書も合わせて20通を超える反論文書などを協会に提出したと語った。

 親方は事件発覚後、九州場所中に八角理事長らから事件は「内々で済む話」と被害届の取り下げを打診されたことを明かし、横綱白鵬、鶴竜らを「(事件に)同席した力士が土俵に上がるのは神事に反する」と痛烈に批判した。

 理事解任が決まった評議員会についても疑問を呈した。「『わかりました』と了承したとされましたが、事実ではないです。『はい』としか言っていません。理事解任を認めたということは一切ございません」と、協会に訂正を申し入れる意見書を出したという。今後は“戦います”と明言、ガチンコ宣言で締めくくった。

関連ニュース