記事詳細

【ゴルフ真剣勝負 the MATCH】アドレス時は頭を上から引っ張られている感覚で! 前傾姿勢も背筋が伸びたきれいな形に (1/2ページ)

★勝みなみ(2) 

 スイング中、軸がブレないようにすることは、私が常に意識していることの一つです。軸がブレると、体の回転が上手くできず、回転スピードが落ちてヘッドスピードも上がらないし、スイングの軌道もブレるので、ミート率も落ちてしまうからです。

 とはいえ、軸がブレないように意識するのはけっこう難しいこと。静止しているアドレスのときでさえ、目の前に鏡でもないと、自分が真っすぐ立っているかどうかが分からないことがあるからです。

 そこで私はアドレスのとき、頭を上から引っ張られているようなイメージで構えるようにしています(写真〔1〕)。自分で真っすぐ立とうとするのではなく、引っ張られていることをイメージしたほうが、きれいに真っすぐ立てるような気がするからです。そして、これを意識するだけで、体の回転がスムーズになります(同〔2〕〔3〕)。

 また、上から引っ張られる感覚を常に持っていると、前傾姿勢も背筋が伸びたきれいな形になりやすいという利点もあります。

 アマチュアの皆さんの構えを見ていると、正しい前傾姿勢ではなく、少し前屈み状態になっている人が多いような気がします(同〔4〕)が、このような構えも、“上から引っ張られている”を意識すれば修正できると思うのですが、いかがでしょうか?

zakzakの最新情報をSNSで受け取ろう