記事詳細

C大阪がゼロックス杯初優勝! 川崎に3-2で競り勝つ

 Jリーグのシーズン到来を告げる富士ゼロックス・スーパーカップは10日、埼玉スタジアムで行われ、天皇杯全日本選手権を制したC大阪が昨季J1覇者の川崎に3-2で競り勝って初優勝した。賞金はC大阪が3千万円、川崎が2千万円。

 C大阪は前半26分に山口が先制点を奪い、後半3分には清武が加点。PKで失点した後にも高木がゴールを決め、大久保の得点で粘る川崎を振り切った。25周年を迎える今季のJリーグは23日の鳥栖-神戸(ベアスタ)で開幕する。

 前座試合では日本高校選抜がU-18(18歳以下)Jリーグ選抜を2-1で下した。

村井満・Jリーグチェアマン「幕開けの試合で、いよいよシーズンが始まる。役者が点を決めて大いに盛り上がった。すぐにアジアの戦いも始まる。両チームともJリーグを背負い、しっかり結果を出してほしい」

zakzakの最新情報をSNSで受け取ろう