記事詳細

大谷が日本ハムのキャンプ訪問 栗山監督「心配は尽きない」

 米大リーグ、エンゼルスの大谷翔平は11日、古巣のプロ野球日本ハムがキャンプを行うアリゾナ州スコッツデールの施設を訪問し、栗山監督らにあいさつした。

 私服姿で球場に到着した大谷はまず栗山監督の元に向かった。監督によると「この施設は素晴らしいですね」などと話したという。その後は打撃練習中の各グラウンドを回り、コーチや選手たちと次々と握手するなど笑顔で旧交を温めた。関係者によると、大谷はドラフト1位新人の清宮(東京・早実高)とクラブハウスの廊下ですれ違った際、グータッチをかわした。

 大谷の代理人を務めるバレロ氏も訪れ、栗山監督と意見交換した。プロ入りから5年間見続けた大谷に、監督は「心配は尽きないが、今まで通り信じている。そんな簡単にいかないと思うが、こえてくれると信じているし、そういう選手だと思う」とエールを送った。(共同)

zakzakの最新情報をSNSで受け取ろう