記事詳細

【ゴルフ真剣勝負 the MATCH】真っすぐ構えているつもりも微妙にズレ、打ち出す方向に肩のラインを合わせることを意識して (1/2ページ)

★新垣比菜(1)

 ゴルフスイングでは、「これだけはきちんとやらないといけない」ということがいくつかあります。その中でも私が毎回、注意しているのは、目標に対して真っすぐ構えるということです。

 構えの向きが大事だということは、ほとんどの方が知っていると思いますが、分かっていてもその通りにできなかったり、真っすぐ構えているつもりでもその向きが微妙にズレていたりすることがよくあります。そうならないためにも、自分で確認できる基準をしっかり持っていたほうがいいのではないでしょうか?

 私が意識しているのは、肩のラインをターゲットラインに合わせることです(写真〔1〕)。目標を確認し、打ち出す方向が決まったら、その向きに合わせて真っ先に肩のラインを合わせます。そして、肩のラインが決まったら、それに合わせて腰やツマ先のラインを合わせるようにしています。

 この構えが毎回、同じようにできるかどうかが大きなポイントになると思っているので、練習でもおろそかにせず、しっかり合わせるようにしているのです。

 それともうひとつ、スイング中にも意識していることがあります。それは、インパクトのとき、おなか(腹筋のあたり)にギュッと力を入れることです(同〔2〕)。

zakzakの最新情報をSNSで受け取ろう