記事詳細

【佐藤剛平 基本は忘れろ!!】いいインパクトで打つには? 頭で学べる技術だけではダメ、しっかりスイングできないと (2/2ページ)

 だから、なかなか簡単にこの感触を得られるものではない。ゴルファーはいつもこの感触を追い求め、うまくインパクトできれば気分がよくなる。一度でもこの快感を味わうと癖になってしまい、一生このバシッを追い求めるのだ。

 ただ、いつもそんなに振れる日ばかりではない。1日回っても一度もバシッが来ない日もある。プロでも1日に数発出ればいい方なのではないか。

 実は、こういうときにこそ、ゴルファーの真価を問われる。パッカーンばかりのショットでいかにスコアをまとめることができるかも大事だ。バシッはなかなか出ないので、ゴルフは面白いのだ。

 ■佐藤剛平(さとう・ごうへい) 栃木県芳賀カントリークラブ所属。シニアツアープロ。2012年の「ISPSハンダカップ秋晴れのシニアマスターズ」でシニア初優勝。1955年10月25日生まれ。熊本県出身。関西学院大法学部卒。

zakzakの最新情報をSNSで受け取ろう