記事詳細

【中山徹 俺にも言わせろ】飛ばしたいならフェースを左方向に! 錯覚を賢く利用して飛ばし屋に変身 (1/2ページ)

 今回の中山塾のテーマは、飛ばしだ。アマゴルファーからいつも尋ねられるのが飛距離アップ法。「どれどれ、どんなスイングをしているのか」と、素振りを見せてもらうと、クラブを振る前にすぐに分かる。これでは飛ばないと。

 それはアドレスした際のクラブフェースの向きだ。飛距離不足や方向性に悩む人ほど、アドレスでクラブフェースをスクエアにセットしている。

 「スクエアにセットすると飛ばない?」。そう思った読者もまた飛ばない悩みを抱えているはずだ。なぜなら、自分ではスクエアのつもりでも、実際には目標よりも右に向けてセットしているからだ。

 ゴルフスイングは錯覚との戦い。長いことゴルフを生業にして来た俺は、常々そう思っている。インサイド・アウトに振ったつもりが、実際はイン・トゥ・インだったり、ストレート軌道でスイングしたつもりが、現実はカット打ちだったりする。イメージと現実のギャップは大きく、その差を縮めることが上達につながるのだ。

 スクエアにセットしたつもりが右を向いていたのでは、芯を喰ったボールは右へ飛び出す。それを怖がってトゥ寄りでヒットするとギア効果によって弱々しいフックボールとなり、いずれもフェアウエーをとらえられず、飛ばない。

zakzakの最新情報をSNSで受け取ろう