記事詳細

【ゴルフ真剣勝負 the MATCH】アイアンが苦手な人は、体の回転だけを意識し少し軽めにクラブを振る練習を (1/2ページ)

★新垣比菜(2)

 ジュニアの頃からプロの試合に出て勉強させてもらってきたわけですが、プロになって改めて気づかされたのは、「ショットの精度がいかに大切か」ということです。特にアイアンはかなりの精度が必要で、思い通りに球を運ぶことができなければ、試合に勝つことはもちろん、上位に食い込むこともできません。

 その大事なアイアンで、私がいつも気を付けているのは、体の回転で打つということです。その理由は、短いクラブになればなるほど、体を大きく使うことを忘れてしまい、インパクトからフォロースルーで体が伸び上がってしまったり(写真〔1〕)、手打ちになったりしてしまうからです。

 体の回転で打つために私がいつもやっているのは、ハーフショット(気持ち的にはハーフショットなのですが、実際は(同〔2〕~〔3〕)のようにスリークオーターショット気味になっています)の練習です。

 自分が得意な番手で、体の回転だけを意識して、少し軽めにクラブを振ります。フルショットではないので、飛距離はあまり気にしませんが、思い通りの方向にボールが飛び出しているかどうかはきちんとチェックします。

 アイアンが思い通りに打てない人には、ぜひこの練習をオススメします。このドリルを繰り返しやることによって、“手打ち”が矯正されるので、軌道も安定するはずです。

zakzakの最新情報をSNSで受け取ろう