記事詳細

ロッテ、河合克美氏が代表取締役オーナー代行就任

 ロッテは23日、臨時株主総会と取締会を開き、重光昭夫代表取締役オーナー代行(63)の辞任と、ロッテホールディングス取締役の河合克美氏(65)の代表取締役オーナー代行就任を発表した。

 昭夫氏は今月13日、韓国・ソウル中央地裁から贈賄罪で懲役2年6月の実刑判決を受け収監。去就が注目されていたが、球団には取締役として残る。本人から代表権とオーナー代行職返上の申し出があったという。

 同じく贈賄罪で実刑判決を受けている父・武雄氏(95)は、球団オーナー職にとどまる。

zakzakの最新情報をSNSで受け取ろう