記事詳細

日本ハム・清宮が初オープン戦 代打で登場も空振り三振

 プロ野球日本ハムの大物ルーキー、清宮幸太郎内野手(18)=東京・早稲田実業高=が24日、沖縄県北谷町で行われた中日戦で、オープン戦初出場を果たした。九回1死から代打で出場し、空振り三振に倒れた。

 1月に右手親指を痛めた清宮内野手は、この日が実戦初打席となった。22日の練習中には体調不良を訴え「急性胃腸炎」と診断されていた。

 高校歴代最多とされる111本塁打を放った強打者の清宮内野手は昨年のドラフト会議で7球団から1位指名を受けた。

zakzakの最新情報をSNSで受け取ろう