記事詳細

カーリング美女・藤沢五月はホントに韓国で人気なのか?

 史上初の決勝トーナメント進出という快挙を成し遂げた日本女子カーリング。プレー中の笑顔がかわいいと話題になっているが、中でもスキップ・藤沢五月については「韓国でも人気沸騰」と報じられている。本当なのか。カーリング取材歴9年で、平昌五輪現地を取材した竹田聡一郎氏がリポートする。

 * * *

 女子カーリングはラウンドロビン(総当たりの予選)が終了し、いよいよ準決勝が始まる。

 日本代表のロコ・ソラーレ北見は史上初のクオリファイ(決勝トーナメント進出)を果たす快進撃。試合内容のほかにも、「おやつタイム」に「そだねー」という道産子の方言など、話題にこと欠かない。

 カーリングに関する報道が数多ある中で、“韓国内でスキップの藤沢五月が可愛いと話題になっている”という記事が複数出ている。

 「カーリング藤沢五月、韓国で検索上位 笑顔が非スポ根?」(朝日新聞デジタル、2月20日)

 「カーリング藤沢五月が韓国女優似とネットで急上昇」(日刊スポーツ、2月20日)

 「カーリング女子、藤沢五月『男心を撃つ10大美女』に 氷も溶かす韓国メディアの“ラブコール”」(産経ニュース、2月20日)

 など、複数の媒体が伝えている。日刊スポーツの書いた韓国女優とは、2008年の映画『過速スキャンダル』の主演でブレイクしたパク・ボヨン(28歳)だ。明るく「チョンスンハンウェモ」(清純な外見)が共通しているらしい。

 朝日が書いたように、実際に韓国の大手検索サイトNAVERで「日本 カーリング」と入力すると、検索ボックスには検索予測候補のキーワードで「藤沢五月」が浮かぶ。まとめや個人ブログなどが多く、プロフィールなどの基本情報がほとんどだが、ラウンドロビンで韓国に勝ったこと、カーリングの技術が高いこと、お父さんの影響でカーリングを始めたことなどが記されている。

 しかし、その人気はネット民だけではないのか。本当にフィーバー中なのか、ソウルの街で若者に聞いてみることにした。

 まずはガイドをしているキム・チソン君(26歳)だ。日本語が上手だ。

 「カーリングは初めて見ましたけど、面白いです。藤沢選手はよく笑う可愛い子ですね。みんな言ってますよ。さすがに韓国にはもう勝って欲しくないですけど、頑張ってほしい」

 愛国心には勝てないようだが、いい印象を持っていることは間違いない。

 さらにスターバックスでなごんでいる4人組、キム君、チョ君、ソン君、チャン君に話しかけてみた。全員ソウル出身の20代だ。

 「カーリング?全部は観てないけど」

 「可愛い子がいるらしいね」

 「コダイラじゃなくて?」

 「違う。フジサワ」

 「ああ、ネットに上がってる」

 「パク・ボヨン? ああ、少し似てるね」

 「可愛いと思う」

 こんな具合に盛り上がってくれたので、ロコ・ソラーレのHPを開いて、全員の写真を見てもらう。この中で一番、可愛いのは誰ですか?

 答えは満場一致で“マリリン”こと本橋麻里だった。本橋は今回の五輪、フィフス(控え)としてチームを支えているが、あるいは氷上に立ったら人気爆発していたのかもしれない。

 ちなみに、4人に「アンギョンソンベ」(メガネ先輩)こと韓国のスキップ、キム・ウンジョンとマリリン、どっちが好き?--と聞くと、キム君、チョ君、ソン君は本橋と即答したが、チャン君はメガネ先輩のほうが「しっかりしてそうだから」と、タイプらしい。

 準決勝の日韓戦。ファンの目を惹くのはどちらのスキップだろうか。

NEWSポストセブン
zakzakの最新情報をSNSで受け取ろう

関連ニュース