記事詳細

パシュート韓国代表 仲間割れで世界に見せつけた恨の精神

 「(パク)ジウ(19)と私の2人は思ったよりタイムが良かったが……」

 準決勝を逃したにもかかわらず、笑みを浮かべて語られた“敗戦の弁”--。スピードスケート女子チームパシュート(団体追い抜き)で韓国代表(8位)が1回戦でまさかの「仲間割れ」を見せた。

 3人の選手が縦に並び、最後尾の走者のタイムで競う競技なのに、韓国チームは最後尾のノ・ソンヨン(28)が前の2人から10メートル以上離された状態でゴールした。さらに、先頭でゴールしたキム・ボルム(25)が試合後インタビューで冒頭のように、“置いてきぼりになった奴が悪い”と言わんばかりの発言をし、韓国内で批判が殺到。

 韓国大統領府(青瓦台)のウェブサイトの請願コーナーには、「キムとパクの国家代表資格を剥奪せよ」という投稿に1日で30万人以上が賛同。代表監督とキムは会見を開き、涙で謝罪する事態になった。ただ、騒動には置いてきぼりになった側の“意趣返し”の側面もありそうだ。

 「ノ・ソンヨンは1月にスケート連盟の手続きミスによって一度、平昌五輪の出場権を逃していた。その際、インスタグラムで『謝罪どころか責任逃ればかり。一体誰のために存在している連盟なのか』と不満を爆発させていた。その後、ロシア選手のドーピング問題の影響で出場権が“復活”した経緯がある」(在韓ジャーナリスト)

 それゆえか、謝罪会見に対してもノ・ソンヨンは「(五輪前から)お互い練習場所も異なり、会う機会もほとんどなかった」と反論し、連盟側への批判を緩めない。

 「いかにも韓国らしい展開です」

 そう嘆息するのは元朝日新聞ソウル特派員でジャーナリストの前川惠司氏だ。

 「勝てば官軍の韓国では“川に落ちた犬は棒で叩け”となり、負けた場合はとにかく『自分は悪くない』と主張する。パシュートでも、試合に負けた3人の中で、ノ選手が敗因を押し付けられて川に落とされた。ところが、ノ選手の反論に、今度はキム選手らが川に落ちた。そこを国民が寄ってたかって棒で叩いているという構図です」

 奇しくも、パシュート女子では日本代表が初の金メダルを獲得。敗者を棒で叩くようなことはなかった。

 ※週刊ポスト2018年3月9日号

NEWSポストセブン
zakzakの最新情報をSNSで受け取ろう

関連ニュース