記事詳細

羽生が抱く“ゆづリンク”創設の夢 恩師・都築氏の願い「引退後は環境作りに従事して欲しい」 (1/3ページ)

 平昌五輪の男子フィギュアスケートで66年ぶりの五輪2連覇を果たした羽生結弦(23)=ANA=が26日、日本選手団一行とともにチャーター便で成田空港に帰国した。4年後の北京冬季五輪での3連覇も期待されるが、羽生には日本国内のフィギュアスケーターが置かれている、トホホな練習・育成環境を激変させるという夢がある。“結弦ナショナルリンク”の建設だ。(飯田絵美)

 「次のオリンピックで任されたら光栄。そこにいくまでに成績を積んでいないといけない」

 羽生は帰国直後の会見で報道陣から「北京冬季五輪で日本選手団主将就任は?」と“むちゃぶり”され、苦笑しながら受けて立った。

 もともと、羽生には競技者としての技術向上以外にも夢がある。フィギュアスケートをスポーツという枠を超え、芸術・文化として根づかせることだ。

 昨年夏、小学2年から6年まで指導を受けた恩師、都築章一郎氏(80)からこう言われた。「将来、結弦が現役を辞めるときは、一インストラクターになるのではなくて、スケートを文化にする環境作りをしてもらえるような、プロデュースをする側の人間になってもらいたい」

関連ニュース