記事詳細

ドジャース・マエケン好投、2回無安打「感触的には良かった」

 ドジャースの前田健太投手(29)が27日、米アリゾナ州グレンデールでレンジャーズとのオープン戦に初登板。2回を無安打無失点1四球と好投した。試合は9回にドジャースが4-4に追いつき引き分けた。

 1回、先頭のオドーアに四球を与えたものの、盗塁死で1アウト。後続を二ゴロ、一ゴロに封じた。続く2回は中飛、左飛、空振り三振。球数31だった。

 前田は「試合感覚を取り戻すのが一番の目的で、感触的には良かった。最初の登板を終えて、やっと始まったなという気もする。ここから先発としての調整をしていかなきゃいけない」。

 昨季、中継ぎに降格した後にみせた攻める投球は今季に生きているようだ。

 

zakzakの最新情報をSNSで受け取ろう