記事詳細

日ハム・清宮幸太郎を狙う各局「女子アナ包囲網」

 2月24日、オープン戦が開幕。日本ハム・清宮幸太郎(18)がプロで通用するのか、ファンの注目もいよいよ高まってきた。

 「大谷翔平(23)がメジャーに移籍し、人気と将来性を併せ持った選手は日本球界に清宮しかいない。とにかくなんとかして独占でいいネタを取りたい」(キー局スポーツ担当)

 それには清宮との距離を縮め、信頼関係を築くことが必要だ。そこで「各局とも、コネ作りのきっかけとして取材現場にエース級の女子アナを投入し始めている」(同前)のだ。

 一歩先んじているのはTBSだ。2015年入社のホープ・宇内梨沙アナ(26)が早くから“清宮番”を務めてきた。

 「宇内アナは2017年夏の東京大会で早実の試合を取材し、ドラフト直後に開かれた記者会見の現場にも入っている。本人も清宮取材には気持ちが入っているし、清宮も彼女の存在は認識してくれているようだ。これから挨拶回りを始める他局の女子アナには負けない」(TBS関係者)

 フジテレビからは、大学時代にファッション誌専属モデルとして活躍していた“大型新人”久慈暁子アナ(23)が、ドラフト後の清宮会見の取材を担当した。

 「当然、今後の取材を見据えての人選でしょう。久慈は大谷翔平と同じ岩手・奥州市出身で同い年。共通の知人もいるなど個人的なつながりがある。清宮にもパイプができればこの先10年は“スポーツ担当アナ”としてやっていける。本人も野球取材に熱心だから、周囲の期待は高い」(フジ関係者)

 ◆“堅いガード”をかいくぐれ!

 フジでは他にも、4月からスタートするスポーツニュース番組『SPARK』のメインキャスターに抜擢された宮司愛海アナ(26)が投入される予定という。

 「新番組の知名度を上げるのに清宮の独占ネタほど強いコンテンツはない。2020年東京五輪でメインキャスターを張れるくらいまで育ってほしいと期待する局幹部もいる。東京五輪で『侍ジャパン』の主軸を打つかもしれない清宮への取材を重ねれば“エースアナ”の座は着実に近づく」(同前)

 テレビ朝日の女子アナは、今のところ清宮取材の現場では姿が見られない。しかし、過去の“大型新人取材”の実績から期待を集めるのは宇賀なつみアナ(31)だ。

 「日本ハムに大谷が入団した直後は『いつ休んでいるんだ?』と局内で心配する声があがるほど取材熱心だった。記者たちより先に鎌ヶ谷の二軍球場に到着し、大谷以外の選手にも挨拶していた。ああいう姿勢は選手から好感を持たれる」(制作会社スタッフ)

 NHKには、スポーツ現場取材の経験豊富な『サタデースポーツ』担当の杉浦友紀アナ(34)がいるが、女子アナウォッチャーの丸山大次郎氏は「有働由美子アナ(48)が取材に行っても面白いんじゃないか」とみている。

 「プロ野球の実況中継の経験もあるし、3月に『あさイチ』を卒業したら現場取材に出る時間的な余裕もできるでしょう。若い女子アナが聞くよりも落ち着いた内容の取材になって清宮も助かるだろうし、野球ファンにとってもそのほうが嬉しい」

 各局の思惑の一方で、球団のガードは鉄壁だ。「球団から各局に、野球と関係ない要素の盛り込まれた取材は勘弁してほしいという“お達し”が出ている。事実上の“女子アナ取材禁止令”と見られている」(スポーツ紙の担当記者)というのだ。

 球団に聞くと「高卒5年以内の選手については野球の本質から離れた番組、取材に制限を設けています」(広報部)とのこと。

 清宮になんとか食い込みたい女子アナたちと、野球に集中させたい球団。そのせめぎ合いは、この先長く続くことになりそうだ。

 ※週刊ポスト2018年3月9日号

NEWSポストセブン
zakzakの最新情報をSNSで受け取ろう

関連ニュース