記事詳細

【中山徹 俺にも言わせろ】UTはアイアンのつもりでヘッドを鋭角的に打ち込む 決して高い球をイメージしないこと! (1/2ページ)

 俺のレギュラーツアー時代は、糸巻きバラタボールにウッドはパーシモンヘッド、おまけにスチールシャフト。ドライバーの総重量は350グラム以上もあった。これでも昔は、飛ばし屋だったんだ(笑)。

 アイアンはソール幅の薄いマッスルバック。スイートエリアというよりもスイートスポットしかないようなクラブだったが、ダウンブローショットで飛ばしていた。ウッドはドライバーと3番ウッドの2本だけ。ドライビングアイアンとも言われた1番アイアン、2番アイアンもキャディーバッグに入れていたほどだ。

 時は流れて、もう1番アイアンなんて打てない。代わりにユーティリティークラブ(UT)が何本も入っている。これがまた、やさしくボールが上がり、距離も稼げる。常用するようになって、今では「大将、UTショットがうまいですね」と言われるようにすらなった。

 実は使い始めた時は、下手だったんだ、マジで。トップしたり、ダフったり。アベレージゴルファーのミスと変わりがない。どうしたものかと試行錯誤して、コツをつかんだ。それは、ボール位置を左足内側かかと線上からスタンス中央に右足寄りにセットし、アイアンのようにボール前方のターフを取るイメージで打つようにしたら、これがまたいい球が出るんだ。

zakzakの最新情報をSNSで受け取ろう