記事詳細

【田代学 ダッグアウトの裏側】パドレス・牧田“分析不能”サブマリンで株急上昇 グリーン監督「打者はかなり戸惑う」 (1/2ページ)

 西武から米大リーグ・パドレスに移籍した牧田和久投手(33)の評判が高い。米国駐在時によく取材したナ・リーグ球団のスカウトから久しぶりにメールが届いた。

 「あんなタイプのサブマリンは見たことがない。球種は6種類か? どんな投球スタイルなのか教えてくれ」

 アリゾナ州ピオリアで春季キャンプ中の牧田は2月23日に初めてフリー打撃に登板。ロイヤルズからFA移籍したエリク・ホスマー内野手(28)ら主力打者3人を相手に31球を投げ、計11スイングで安打性の当たりは1本しか許さなかったそうだ。

 「打者のタイミングをずらして空振りが取れたし、周囲の反応もよかった。上出来だと思う」と牧田。緩急をつけてストライクゾーンの高低に投げ分けて空振りも奪い、首脳陣にアピールした。

 当欄で何度か紹介した通り、近年の大リーグではフライを奨励する打撃理論『フライボール・レボリューション(革命)』が広まっている。最新の映像解析技術によってプレーを数値化する『スタットキャスト』の影響。データ上で理想とされるのは、ボールのやや下を強くたたくアッパー気味のスイングだ。

zakzakの最新情報をSNSで受け取ろう

関連ニュース