記事詳細

【田代学 ダッグアウトの裏側】パドレス・牧田“分析不能”サブマリンで株急上昇 グリーン監督「打者はかなり戸惑う」 (2/2ページ)

 バットが下から出てくるなら、浮き上がるような高めの速球は有効。しかも下手投げのデータは希少なので、軌道の画像や変化球の回転数が出ても容易に対応できない。

 「ストライクゾーンを高低で使うタイプはほとんどいない。緩急の差も大きいので、打者はかなり戸惑うだろう」とアンディ・グリーン監督。地元メディアによると、同じナ・リーグ西地区球団とのオープン戦では登板させず、公式戦まで隠す方針だという。

 日本でスピードアップ賞を2度受賞したほど、投球間隔が短い(昨季平均は7・5秒)のもプラス材料。オープン戦で実績を残し、ブルペンでの役割を確保してほしい。

 ■田代学(たしろ・まなぶ) サンケイスポーツ編集局次長。1991年入社。プロ野球や五輪担当などを経て、2001年から13年11月まで米国駐在の大リーグ担当キャップ。全米野球記者協会の理事や、13年ワールドシリーズの公式記録員を日本人記者で初めて務めた。米国での愛称は「ガク」。

zakzakの最新情報をSNSで受け取ろう

関連ニュース