記事詳細

マラソン日本新記録での報奨金1億円に税金かかる? 金メダルの高木菜那は… (1/2ページ)

 巨額の報奨金が飛び交っている。

 平昌冬季五輪スピードスケート女子で金メダル2個を獲得した高木菜那(25)=日本電産サンキョー=に対し、親会社の日本電産(京都市)が2月28日、報奨金4000万円を授与することを明かした。日本オリンピック委員会(JOC)と日本スケート連盟からもそれぞれ1000万円が贈られ、合計は6000万円となる。

 一方、東京マラソン(25日)で2時間6分11秒の日本新記録を樹立した設楽悠太(26)=ホンダ。26日に日本実業団陸上連合から1億円の目録を授与された。

 気になるのは税金だ。JOC、加盟各競技団体からの報奨金(金メダル500万円、銀200万円、銅100万円)は非課税。それ以外の団体や契約スポンサーからの報奨金は課税される。

 高木の場合は4000万円には課税され、2000万はされない。設楽の場合、日本実業団陸上連合はJOCとは関係ないため、1億円にはそのまま税金がかかる。

 税額はいくらか。京阪総合会計事務所代表の税理士、疋田英司氏によると、設楽の1億円は一時所得として扱われる。諸条件によるが、所得税額は1億円から特別控除(50万円)を引き、それを1/2にして、税率(45%)を掛けた2238万7500円となる。さらに住民税が497万5000円となり、合わせると2736万2500円。手取りは7263万7500円となる。

zakzakの最新情報をSNSで受け取ろう

関連ニュース