記事詳細

羽生選手に国民栄誉賞へ スケート界では初めて 政府が最終調整

 政府は、韓国・平昌冬季五輪のフィギュアスケート男子で連覇した羽生結弦選手(23)に国民栄誉賞を授与する方向で最終調整に入った。政府関係者が2日、明らかにした。実現すれば、スケート界で初めて。けがを乗り越えて66年ぶりとなる2大会連続の金メダルを獲得した偉業が、国民に感動や勇気を与えたと評価した。

 政府は安倍晋三首相の指示を受けて、有識者の意見を聴取し、正式決定する。授与式の日程は調整する。

 五輪の金メダリストではレスリング女子の吉田沙保里、伊調馨両選手、柔道の山下泰裕、女子マラソンの高橋尚子両氏に授与されている。

 国民栄誉賞は1977年に創設。スポーツや芸能、文化などの分野で功績を上げた26の個人・団体が受賞している。2月13日には将棋界史上初の「永世七冠」を成し遂げた羽生善治、囲碁で初めて七冠独占を2度果たした井山裕太両氏に贈られた。

zakzakの最新情報をSNSで受け取ろう

関連ニュース