記事詳細

【貴騒動を斬る】貴乃花親方、計算違いだった理事落選の背景 8年前の初当選時には吹いた「風」 (2/2ページ)

 なぜ計算は狂ったのか。8年前に貴乃花親方が初当選した頃の大相撲界は、時津風部屋の新弟子死亡事件など不祥事が相次ぎ、若く、新しい力の台頭が求められていた。現在は人気も回復し、協会運営もすこぶる安定。もうあのときのような追い風は吹いていなかったのだ。

 貴乃花親方は明らかに読みを間違った。レジェンド葛西だって、平昌五輪で風を味方にできなければ予選落ちする。孤立無援となった貴乃花親方がこれからどうやって再度風を起こし、巻き返すか。次に打つ手は何か。=つづく(大見信昭)

関連ニュース