記事詳細

稲葉ジャパン、豪州に2連勝「もう五輪に向けて戦いが始まっている」

 野球の日本代表は4日、京セラドーム大阪でオーストラリア代表との強化試合第2戦を行い、6-0で大勝し2連勝した。2020年東京五輪で金メダルを目指す稲葉監督は昨夏の就任以降初めて年齢制限なく編成したチームで2戦連続の無失点勝利を飾った。

 日本は一回、上林(ソフトバンク)の投前への適時打で1点を先制。二回には秋山(西武)の適時打などで2点を奪い、その後も着実に加点した。先発の則本(楽天)が2回を投げて5三振を奪うなど好投し、その後も5投手が無失点でつないだ。

日本・稲葉監督「初回から点が取れて、野手陣が投手をリードした。(秋山は)経験もあるのでさすが。もう五輪に向けて戦いが始まっている。しっかりといい準備をしてやっていきたい」

zakzakの最新情報をSNSで受け取ろう