記事詳細

マエケン、2回1/3を3K1失点「しっかり投げられたことが一番」

 ドジャースの前田健太投手(29)が4日(日本時間5日)のジャイアンツ戦に先発。2回1/3を2安打1失点3奪三振だった。9-3で勝ち、初勝利。

 今季2度目のオープン戦登板。右翼方向に強い風が吹く中、初回はストライクを先行させて13球で3者凡退。2回1死から中前打を許したが後続を2者連続の空振り三振に仕留めた。3回先頭の新鋭、ダガー(24)に右翼にソロ本塁打を浴びたが、次打者をチェンジアップで見逃し三振に仕留め、34球で降板した。

 先月27日(同28日)に、今季オープン戦初先発となるレンジャーズ戦で、2回無安打無失点と好投した後、チームを襲ったインフルエンザのような症状に前田も見舞われ2日間練習を休んだ。「治ってちゃんと投げられるのか、だったが、感触は良かった。しっかり投げられたことが一番」と笑顔だった。

 

zakzakの最新情報をSNSで受け取ろう