記事詳細

【佐藤剛平 基本は忘れろ!!】飛ばすためにどこで力を入れるか ダウンスイングで上から下に、重力使ってスピード上げろ (2/2ページ)

 上から下に振っていくというと、ボールを上からたたきつけるようなスイングをイメージするかもしれないが、それではどーんと深く入ってダフったりする。ボールを打とうとするから、直線的に鋭角に入ってダフるのだ。

 スイングは円軌道であるべきなのだから、円軌道になるように振れば、上から下に振ってもダフらない。ボールを目がけるのではなく、逆転の発想で、もっと後ろに、逆にわざと50センチぐらいダフらせるつもりで落とすようにする(同〔2〕)。

 これで、足が止まらずに動きさえすれば、どんなに強く加速させてダウンスイングしても、軌道が直線的でなくなるのでダフらない。手先を使わず、体全体でダウンスイングを思い切り加速させて、ボールよりも後ろにヘッドを落とすつもりで振ると、ヘッドがボールを拾っていく。

 インパクトに向けてシャフトがしなって戻るので、フォローでヘッドが立って加速感が出るが、これは結果である。

 ■佐藤剛平(さとう・ごうへい) 栃木県芳賀カントリークラブ所属。シニアツアープロ。2012年の「ISPSハンダカップ秋晴れのシニアマスターズ」でシニア初優勝。1955年10月25日生まれ。熊本県出身。関西学院大法学部卒。

zakzakの最新情報をSNSで受け取ろう