記事詳細

日本勢で25年ぶり表彰台、河端が帰国会見で銀メダルに会心の笑み 世界選手権男子ケイリン

 オランダのアペルドールンで4日まで行われた自転車トラック種目の世界選手権男子ケイリンで銀メダルを獲得した河端朋之(日本競輪選手会)が6日、羽田空港に帰国した。「直前のアジア選手権で優勝して(出場枠を獲得し)、その流れで世界選手権の銀メダルを取れた。うれしく思う」と会心の笑みを浮かべた。

 ブノワ・ベトゥ短距離ヘッドコーチから「前年世界王者のアワン(マレーシア)を倒しての(アジア選手権)優勝だから、いくらでもチャンスはある」と励まされて自信を持って臨み、男子ケイリンの日本勢で25年ぶりの表彰台に立った。

 満足はしていない。「目標はもっと高いところにある。世界選手権と2020年東京五輪の金メダルを目指してまだまだレベルアップが必要」と意欲を示した。

zakzakの最新情報をSNSで受け取ろう