記事詳細

【中山徹 俺にも言わせろ】ツアー序盤は諸見里が盛り上げる! 迷い晴れたようなインタビューの様子 (1/2ページ)

 日本の女子ツアー開幕戦「ダイキンオーキッドレディス」。

 首位で出た昨年の賞金女王の鈴木愛、1打差で昨年大会2位となった川岸史果と李知姫の優勝争いの隙を突き、一組前の通算5アンダーからスタートしたイ・ミニョンが66のビッグスコアで逆転優勝を果たした。

 鈴木は賞金女王の重圧を自らにかけてしまったようで最後は精彩を欠いた。川岸も李も首位争いを意識しすぎたのか、スコアを伸ばせなかった。それがイ・ミニョンのウッチャリにつながったのだろう。

 そんな中、ひときわ輝いていたのが地元出身であり、大会ホステスプロでもある諸見里しのぶだ。けがやクラブが合わなかったことで低迷が続いていたが、スイングは完全復調。最終ホールのバーディー奪取で3位タイに食い込んだ。

 今週の俺に言わせろ!

 「ツアー序盤は諸見里が盛り上げる」に違いない。最終ホールでのバーディーチャンスにつけたショットは、見事だった。スイング軸にブレがない。諸見里が高校生だったころにスイングを見たことがあるが、すごく良かった。このまま成長すれば、1億円プレーヤー間違いなしと思ったほどだ。

 残念なことにプロ入り後には、あれやこれやとスイングをいじられ、壊された。しかし、現在のスイングを見る限り、高校時代のスイングをバージョンアップしたほど、軸は安定し、良いスイングになっていた。ボールを上げようとする癖があったがなくなっていた。

zakzakの最新情報をSNSで受け取ろう