記事詳細

18年目のイチローを待ち受ける古巣マリナーズの賛否 再びフィーバーかそれとも…地元紙「若手を抜擢しないでどうする」 (1/3ページ)

 【ピオリア(米アリゾナ州)6日(日本時間7日)=片岡将】米大リーグ・マリナーズへの復帰が決まったイチロー外野手(44)はワシントン州シアトルでのメディカルチェックをパスし、7日(同8日)にもピオリア入りする。メジャー通算3080安打を記録しているレジェンドに地元シアトルのファンも大興奮だ。ただ、一方では全盛期の輝きを失ったベテランに対し、「若手が活躍する機会を奪う」などとする地元メディアの批判もある。メジャー18年目のシーズンは一筋縄ではいかない状況だ。 

 日本と米球界を駆け巡った前日の復帰報道から一夜。マリナーズがキャンプを張るピオリア・スポーツ・コンプレックスには、早朝からイチローの球場入りをとらえようとテレビカメラ6台、日米の報道陣30人とファンが集結した。

 この日は入団発表は行われず、7日(同8日)以降となる模様だが、すでにクラブハウス入り口付近のロッカーには「ICHIRO」のネームと背番号「51」が入ったユニホームが掛けられて準備万端。

 荷物が詰まった段ボール箱も6つ積み上げられており、主の到着を待っている。数々の安打記録を打ち立てた大スターの復帰に期待感が漂っている。

 ただ、6年の時が流れたのも事実だ。

 メジャーリーグのクラブハウスは、配置に選手の序列が表れる。実績のあるベテランは2つ分のロッカーを使うことが許され、出入り口の両脇や角の位置がチームの主力や看板選手に与えられる。

zakzakの最新情報をSNSで受け取ろう

関連ニュース