記事詳細

羽生欠場…世界選手権は“世代交代”試金石 真価問われる宇野

 世代交代の可能性を占う試金石になりそうだ。日本スケート連盟は7日、平昌冬季五輪のフィギュア男子で66年ぶりの2連覇を果たした羽生結弦選手(23)=ANA=が、2連覇のかかる世界選手権(21-24日=イタリア・ミラノ)を欠場すると発表した。昨年11月に右足首を故障し、痛み止めを服用して五輪に臨んだため、休養に専念する。友野一希(19)=同志社大=が代わりに出場する。

 羽生は右足関節外側靱帯損傷、腓骨筋腱損傷と診断され、約2週間の安静と3カ月のリハビリ加療が必要となる見込み。「世界選手権に出場できなくなりましたが、早く復帰できるよう、治療とリハビリをしっかりとし、少しずつできることを続けていきます」とのコメントを発表した。

 来季の世界選手権はさいたま市で開催され、今大会の日本勢上位2選手の順位合計が「13」以内なら最大3の出場枠を維持できる。小林芳子フィギュア強化部長は「これまで羽生選手に頼ってきた分、若手に頑張ってもらい何とか出場枠3を死守したい」。平昌五輪銀メダルの宇野昌磨(20)=トヨタ自動車=らの奮起が期待される。

 羽生は帰国後、「引退する気持ちはないが、もし引退と言っちゃえば、あとを彼(宇野)に任せられる頼もしさはある」と発言した。

 帰国後の日本選手団の解団式で居眠りするなど天然ぶりが話題になった宇野の、スケーターとしての真価が問われる。