記事詳細

ウッズ3打差好発進「戦う準備できてきた」 米男子ゴルフ

■米男子ゴルフ「バルスパー選手権」第1日(8日、フロリダ州インニスブルック・リゾート&GC=7340ヤード、パー71)

 タイガー・ウッズ(42)=米国=が5バーディー、4ボギーの70で回り、首位と3打差の8位タイの好スタートを切った。

 風が強く、フェアウエーに傾斜があるコース。難しい16番(パー4)では、左の林から狭い木の間を抜くリカバリーショット。クラブが木に当たり、手を離して顔をしかめたが、アプローチを1メートルに寄せパーでしのいだ。17番(パー3)でも40センチにつけるスーパーショットで楽々バーディーを奪った。

 4月のマスターズのオーガスタ・ナショナルGCに似たコースで、再三ギャラリーをうならせた。「メディアに追いかけられたり、ファンの声援を受けるのは忘れかけていたこと。戦う準備ができてきた」と笑顔だった。

 同組のスピース(米国)は、5オーバーの122位と大きく出遅れた。首位はコーリー・コナーズ(カナダ)で4アンダー。

zakzakの最新情報をSNSで受け取ろう