記事詳細

イチローにアクシデント 右ふくらはぎの張りでベンチ退く

 マリナーズのイチローはジャイアンツ戦に「1番・左翼」で先発出場し、一回の守備には就いたが、右ふくらはぎに張りを訴え、直後の打席で代打を送られた。

 マリナーズのイチローにアクシデントが発生した。一回の打席に立つことなく、右ふくらはぎの張りでベンチに退いた。直前の守りで左翼に就く際は走っていた。味方の先発パクストンが三者三振の立ち上がりだったため、守備機会はなかった。

 7日に6年ぶりにチームに復帰した。8日に初練習し、11、12日とオープン戦に出場。前日は出場しなかった。チームの外野陣は故障者が続出しており、球団はイチローを開幕から先発起用する方針を示していた。所属先が決まらず実戦出場が遅れていた中、44歳の現役最年長野手の状態が懸念される事態になった。(共同)

zakzakの最新情報をSNSで受け取ろう