記事詳細

【編集局から】東京に拠点移す「トラ番」記者 糸井選手のひと言に救われ…

 わが地元・関西から東奔西走しながら、地の果てまで阪神タイガースを追いかける「トラ番」記者に従事して4年目。この春から拠点を東京に移して、走り回る生活に変わります。

 方々に報告に回ると、大相撲取材にも頻繁に赴く近況を知ってか、阪神・金本監督には「これからは貴ノ岩のとこへ行っとけ!」とイジられ…。一方で糸井嘉男外野手(36)は「マジで! それは寂しいわ…」。ときには厳しい記事も書かねばならない立場ですが、このひと言には本当に救われました。

 引っ越し準備中には、懐かしいモノが出てきました。中日に今季テスト入団した松坂大輔投手(37)が、西武の若手時代にCM出演したスポーツ飲料のポスター(=画像)。当時高校生の私は学食に貼ってあるのを見て、スタッフの方に相談。後日、譲ってもらい部屋に飾った後は、大切に保管していました。

 あれから19年。「平成の怪物」は最後のひと花を咲かせようと奮闘しています。貴乃花親方に絡んだ大相撲騒動からも目が離せません。フレキシブルに動きながら、より「リアルな姿」をお届けできるよう精進します。(運動部・山戸英州)

zakzakの最新情報をSNSで受け取ろう