記事詳細

【清水秀彦 そういうことだろ~】選手の“ハリル采配”批判はおかど違い だって監督は… (1/2ページ)

 --ハリルジャパンのベルギー遠征は1敗1分けに終わった

 清水「明るい話題は初招集の中島(ポルティモネンセ)くらいか」

 --のびのびやっていた

 「なぜだか、わかるかい?」

 --いいえ

 「ハリルさんから、やれ守備をしろだの、ボールを持ったら前に出せだの、細かいことをグダグダ言われないからさ。あの子はボールをもったらとにかくドリブル、最後はシュートが持ち味だから。(27日のウクライナ戦では後半34分からの)途中出場ということもあって、自分の思い通りにやっていた。それが実に新鮮に映ってしまったというわけさ」

 --ハリル采配に選手から疑問も噴出している

 「それはちょっとおかど違いだぜ。サッカーの監督というのは、自分のやり方を選手に植え付けて、それで勝つことで食っていくんだから。それが商売だもん。やり方についていけませんって選手が言ったら、もうチームとして成り立たない」

 --とにかくハリルジャパンは非常事態

 「だわな。もうハリルさんの頭の中は、調子がいい選手を順番に使うことしかなくなったね。だから海外組の視察とか言い出すわけさ。井手口(レオネサ)はどうなの? 浅野(シュトゥットガルト)は? 最近呼んでないけど武藤(マインツ)の調子はどうなんだろうって。日本に戻ってきたらナマでみられないものな」

zakzakの最新情報をSNSで受け取ろう