記事詳細

【江尻良文の快説・怪説】大谷、大活躍も…張本氏、依然「あっぱれ!」拒否 15勝&20本塁打にハードル上げた (1/2ページ)

 通算3085安打の日本記録保持者、張本勲氏(77)は、3試合連続本塁打を放った二刀流のエンゼルス・大谷翔平(23)にまだ疑問を抱いている。

 8日、TBS系『サンデーモーニング』の名物コーナー『週刊・御意見番』に生出演した際にも、「あっぱれ!」は出さなかった。

 「まぐれなのか、米国のピッチャーのレベルが落ちたのか。その両方だと思うけど、3試合連続というのは珍しい」と激辛評価。ヤンキース・松井秀喜が2004年、07年に記録して以来、日本人選手として2人目の3試合連続本塁打を、張本氏はシビアに分析した。

 8番打者という点も割り引いた。「日本では『ライパチ』(右翼・8番)と言って一番下手な人が8番を打つんですよ。上位を打った時に相手がどう攻めてくるのか。今の近め(内角)の打ち方では苦労しますよ」

 3月11日放送のこのコーナーで、大谷に関し「4分6分で(成功は)難しいでしょう。大谷程度の打者はメジャーにゴロゴロいる」と明言した張本氏。それだけに、投打共に大不振のオープン戦から一転、開幕早々の大活躍に対し、素直に脱帽するワケにはいかないだろう。

 日本ハム時代から投手・大谷を最大級に評価しても、二刀流に関しては終始一貫して大反対のスタンスを崩さなかった。張本氏のプライドの問題だけでなく、「8番・DH」という気楽さと相手投手のマークの度合いも確かにあるだろう。そして、「30試合は過ぎないと」という、本当の評価はまだ先との言葉も間違っていない。

zakzakの最新情報をSNSで受け取ろう

関連ニュース