記事詳細

【山崎武司 メッタ斬り 生涯ジャイアン】打者・大谷のスゴすぎる“すり足” メジャーの常識をも変える? (2/2ページ)

 課題は過酷な日程、移動の中で、いかにコンディションを整えられるか。ベーブ・ルース以来の2ケタ勝利&2ケタ本塁打も期待されるが、今季は大きなケガを避け、このスタイルでやり切ることが何より大事だと思う。それができれば、メジャーの常識をも変えてしまうのではないか。

 ■山崎武司(やまさき・たけし) 1968年11月7日、愛知県生まれ。愛工大名電高からドラフト2位で中日入り。以後オリックス、楽天、再び中日と渡り歩き2013年限りで引退。中日時代の96年に本塁打王、楽天時代の07年には本塁打・打点の2冠王に輝いた。27年間で通算1834安打、403本塁打、1205打点。後輩の面倒見のいい親分肌で、愛称はジャイアン。