記事詳細

本田、今季限りでパチューカ退団へ 日本復帰の可能性も… サンスポ報道

 メキシコ1部パチューカの日本代表FW本田圭佑(31)が、今季限りでクラブを退団することが決定的となった。複数の関係者によると、クラブ側の残留要請を断り、退団の意向を伝えたという。19日付のサンケイスポーツが報じた。

 本田は昨年7月、今年6月までの1年契約でACミラン(イタリア)から移籍し、リーグ戦は前後期合わせて10得点、公式戦では13得点を記録している(18日時点)。

 後期8位のパチューカは28日にレギュラーシーズンの最終戦を迎える。関係者によると、クラブは本田の活躍を認めながらも400万ドル(約4億2800万円)以上とされる年俸が高額と評価し、減俸での契約延長を求めていた。だが、その後の交渉で折り合いがつかず、本田サイドが退団の意向を伝えたという。

 西野朗新監督(63)の就任でW杯へのメンバー入りの可能性が高まっている本田。欧州やJリーグのクラブからオファーが届いているとみられ、W杯ロシア大会後に新天地を模索する。

zakzakの最新情報をSNSで受け取ろう