記事詳細

イチロー、首つながった 6番・右翼で先発し3打数2安打

 マリナーズのイチロー外野手(44)がメジャーに残留した。チームは22日(日本時間23日)、5人目の先発投手となるエラスモ・ラミレスをメジャーに昇格させ、ギジェルモ・ヘレディア外野手を3Aタコマに降格させた。

 正左翼手のベン・ギャメルが復帰したことで、外野手登録が5人となっていることから、地元メディアは「イチローを戦力外とするときが来た」などと報じていた。右打ちの好打者、ヘレディアは今季16試合出場で打率・310、2本塁打と好調だったが、サービス監督は「これから7試合連続で右の先発投手と対戦することになるため」などとヘレディア降格の理由を説明した。

 イチローはこの日「6番・右翼」で先発。3打数2安打と気を吐いた。内容は一塁内野安打、遊撃内野安打、四球、四球、空振り三振。チームは4-7で敗れた。

zakzakの最新情報をSNSで受け取ろう

関連ニュース