記事詳細

「内田氏ら逃げている印象、対応誤った」 警察OBの自民・平沢勝栄氏が日大を斬る

 日本大学アメリカンフットボール部の「殺人タックル」問題は、今後、警察による傷害事件の捜査が本格化するとみられる。警察官僚OBである自民党の平沢勝栄衆院議員が、捜査の焦点や日大の危機管理対応について激白した。

 「内田正人前監督らは、反則行為の指示を否定したが、これほど世間の関心が集まっている問題で、逃げている印象がある。素直に認めて謝罪し、説明を尽くすべきだった。初動対応を誤った」

 平沢氏はまず、23日夜に開かれた内田氏と井上奨(つとむ)コーチの記者会見を、こう評した。

 内田氏らは、反則を犯した宮川泰介選手への指導を正当化し、保身のための言い訳に終始した。日大広報部の米倉久邦氏による傲慢な司会ぶりも、国民の怒りを増幅させた。平沢氏が続ける。

 「報道陣の質問が殺到することは予想できた。終了時間の事前通告もなく、途中で打ち切ろうとするのは、お粗末な対応だ。同大には危機管理学部がありながら、どうなっているのか」

 悪質なタックルを受けた関西学院大学のクオーターバック(QB)は「第2・第3腰椎棘間靱帯(きょくかんじんたい)損傷」と診断された。今後の捜査をどうみるか。

 平沢氏は「監督と選手という、厳然たる『上下関係』が存在する。万が一けがをさせるような指示や教唆があったと、もし裏付けられれば、内田氏の方が宮川選手よりも、重い刑事責任を問われる可能性がある」と指摘した。

 日大の対応は後手に回り、アメフト部にとどまらず、大学全体のイメージが悪化した。今後は、日大への「私学助成金」などの補助金支出をめぐり、世論の反発も予想される。

 平沢氏は「日大は過去にも、理事ら執行部の不透明な運営が問題視されたことがあった。今回の問題を契機に、教育機関にふさわしいクリーンな運営体制を確立すべきだ」と強調した。

zakzakの最新情報を受け取ろう

関連ニュース