記事詳細

スペイン監督を電撃解任…強まるレアル批判

 スペイン・サッカー連盟は13日、W杯ロシア大会に出場する同国代表のフレン・ロペテギ監督(51)を解任したと発表した。15日に1次リーグ初戦のポルトガル戦を控えた異例のタイミングで代表を離れ、後任は強化責任者のフェルナンド・イエロ氏(50)がW杯限定で務める。

 ロペテギ監督はW杯後にスペイン1部リーグの強豪、レアル・マドリードの監督に就任すると12日に発表されていた。記者会見したスペイン連盟のルビアレス会長は「発表の5分前に知った。このようなやり方は認められない。素晴らしい監督なので難しい決断だった」と激怒。レアルとの交渉を通知されていなかったことを解任理由とした。

 ロペテギ監督は2016年に就任し、W杯欧州予選を9勝1分けという好成績で突破に導いた。イエロ氏は現役時代にスペイン代表やレアルで活躍し、W杯は1990-2002年の4大会連続で代表入りした。

 同国メディアはレアルの手法に対する批判を強めている。スポルト紙は「レアルのスペイン代表へのミサイル(攻撃)」、ムンド・デポルティーボ紙は「ロペテギ爆弾」と伝えた。アス紙は、スペイン協会のルビアレス会長がレアルの新監督発表をW杯終了後まで遅らせるよう求めたが、拒否されたと報じている。

zakzakの最新情報を受け取ろう