記事詳細

松坂、かつての本拠地で調整「思い入れある」

 中日の松坂大輔投手(37)が15日、西武時代に過ごした本拠地で、ランニングやキャッチボールなどで調整した。報道陣の「思い入れがあるか」との問いに「そうですね」と引き締まった表情で答えた。

 練習前には、親交のある西武の辻監督や西口投手コーチ、松井らと談笑した。松井は「オープン戦の時は松坂が先発だったので、話はできなかった。ここに来ると違うよね。元気そうでなにより」と話した。

zakzakの最新情報を受け取ろう