記事詳細

イチロー、消えない球宴話 ホームラン競争出場は本人否定も、大リーグ公式ページでは…

 マリナーズのイチロー会長付特別補佐(44)のオールスター戦ホームラン競争参加が今年も話題となったが、20日(日本時間21日)に本人が否定した。何度も参加を要請されながら拒否し続けている。今季は試合にも出ないのだから1度くらい…というのが周囲の思いだが、また実現しなかった。

 スコット・サービス監督が20日(日本時間21日)、米大リーグのネットワークラジオショーに出演した際、「イチローはオールスター戦(7月17日、ワシントン)のホームランダービーに出場すべきだ」と発言し波紋を広げた。

 イチローは遠征に帯同。19日から敵地ニューヨークでのヤンキース戦の試合前練習にも参加し、特大のホームランを連発している。イチローはヤンキースタジアムのクラブハウスで記者団に取り囲まれると「監督はジョークが好きではないと思っていたが、そうでもないらしい。これは今年前半で最も面白いジョークだ」として参加話を否定。

 「現役でない自分がホームランダービーに出るのは、歴史のある野球の伝統を傷つけることになる。ただ、そうした話が出てきたことは面白いし、うれしいことだ」

 近年、ホームランダービーを戦った選手が後半戦、調子を崩すケースが目立つことから、選手はあまり参加したがらなくなっている。そうした状況の中、選手ではないのに毎日打撃練習をしているイチローを「参加させてみては」とマリナーズの複数のコーチが、監督に進言したのがラジオショーでの発言のきっかけだった。

 「出ない。毎年言われていることなんだけど、今年の立場で言われるとは思わなかった。(出場要請は直近では)去年。1年目からありますよ。実際、ニューヨーク(2008年)では決まってたしね」(イチロー)

 それでも、米大リーグの公式ページは「イチローがホームランダービーで誰かのバッティング投手を務める可能性はある」と伝えている。

関連ニュース