記事詳細

ファン投票で中日・松坂、ソフトB・柳田らが選出 米大リーグ復帰組では上原、青木が選出

 プロ野球マイナビオールスターゲーム2018のファン投票の最終結果が25日、発表され、セ・リーグ先発投手部門で39万4704票を集めた松坂(中日)ら23選手が選ばれた。松坂は西武時代の2006年以来、12年ぶりの選出となった。

 両リーグ最多得票はパ・リーグ外野手部門で61万9150票を集めた柳田(ソフトバンク)で、セの最多は抑え部門の山崎(DeNA)の47万6185票。チーム別ではパ首位の西武の6人が最多で、セ首位の広島からは外野手の鈴木1人だった。新人は選ばれず、阪神、ロッテ、楽天からは選出がなかった。

 米大リーグからの復帰組ではセの中継ぎで上原(巨人)が11年ぶり、セの外野手で青木(ヤクルト)が7年ぶりに選出。

 選手間投票の結果は28日、監督推薦は7月2日に発表され、同10日にプラスワン投票を含む全出場選手が決まる。7月13日に京セラドーム大阪で第1戦、14日に熊本市の藤崎台県営野球場で第2戦が行われる。

 ■日本ハム・近藤、松坂と対戦希望

 日本ハムの近藤は同じ神奈川・横浜高出身である中日の松坂との対戦を希望した。13歳上の大先輩で「雲の上の存在で神様みたいな存在。胸を借りてフルスイングでいきたい」と心を躍らせた。

 昨年は打率4割を超える活躍を見せて選手間投票で選出されたが、腰部椎間板ヘルニアの手術を受けて初の大舞台に立てなかった。今季も両リーグトップの打率3割6分3厘をマークしており「シーズン同様、しっかり自分の打撃ができるように」と意気込んだ。