記事詳細

長州力、2度目の引退へ「リングに上がるのが怖い」

 “革命戦士”がまさかの弱音だ。プロレスラー、長州力(66)が10日、自身がプロデュースした興行の試合後、「リング上がるの怖い。もう十分」と明かし、来年中の引退を示唆した。

 長州は1998年に一度引退しているが、2000年に復帰しており、2度目の引退となる。

 6人タッグ戦に出場した長州は試合後、「試合に向けてトレーニングするのはすごくしんどい。来年少しオファーが残っているんで、それが終われば、靴はもう脱ごうと思っている」と語った。

 長州といえば、22日放送のNHK大河ドラマ「西郷どん」で長州藩士役で出演することになり話題を集めたばかり。天龍源一郎とともに滑舌が悪いことでバラエティーにもひっぱりだこで、最近では街ぶらロケにも挑戦している。

関連ニュース