記事詳細

【小田幸平 ODAの第2捕手目線】“半端ない男”広島・丸 出塁率5割! 驚異の小柄マッチョマン 気になる国内FA権取得の行方は… (1/2ページ)

 広島の丸佳浩外野手(29)がヤバイです。昨年のセ・リーグMVPは今季出塁率が両リーグを通じ断トツの・498(10日現在)。ほぼ2打席に1度出塁しているのです。

 驚異的な出塁率の要因は、打率・330のシュアな打撃もさることながら、これまた両リーグを通じ最多の62四球を選んでいること。しかも4月28日の阪神戦でダイビングキャッチした際に右太もも裏を痛め約1カ月、18試合も欠場してこの数字ですから、もう驚くしかありません。

 今季の広島は、開幕直後の4月4日に4番の鈴木誠也外野手(23)が下半身の張りで出場選手登録を抹消され、同18日に復帰後、今度は丸が戦線を離脱しました。2人そろっていない時期がなかったことが不幸中の幸いでした。そしていま、3番に丸、4番に鈴木が並ぶ打線が猛威を振るっているのです。

 この2人、プライベートでも仲がいいようで、本拠地広島はもちろん、東京、大阪、名古屋など、あらゆる遠征先に行きつけのスポーツジムがあり、連日球場入り前に連れ立ってトレーニングに出かけるそうです。

関連ニュース