記事詳細

【山崎武司 メッタ斬り 生涯ジャイアン】酷暑“味方に”混戦を制するチームは!? 後半戦、中日・平田に期待 (1/2ページ)

 連日40度近い猛暑が続いている。後半戦がスタートしたが、セ・リーグは首位広島が抜けている以外、5球団ダンゴ。パは断然最下位の楽天以外には優勝のチャンスがある混戦だが、こうまで暑いとドーム球場を本拠地にするチームがやや有利なのかなと思えてくる。

 僕はプロ11年目の1997年に、本拠地が屋外のナゴヤ球場からドームに変わった。広くなった分、本塁打は39本でタイトルを獲得した前年に比べ20本も減ったが、体は楽になった記憶がある。

 もっとも、西武のメットライフドームは屋根が付いているだけで外気に触れているから、屋外球場より蒸し暑く感じることがあるほど。アドバンテージはないだろうね。

 暑さ対策は選手生命に関わる。僕は現役時代、夏場にあえて鍋料理を食べていたよ。

関連ニュース