記事詳細

西武・山川うり2発!! “そっくりさん”御嶽海に祝砲

 西武・山川穂高内野手(26)が、22日の楽天戦(メットライフドーム)で、“そっくりさん”と評判の力士に祝砲2発を捧げた。

 0・5ゲーム差に追い上げてきた2位日本ハムがデーゲームで勝ち、負ければ開幕から守り続けた首位から陥落の危機に立たされた一戦。序盤で0-3と劣勢に立たされたが、本塁打リーグトップの山川は4回に25号ソロ、6回にも26号ソロで反撃のノロシを上げた。8回にチームが勝ち越すと、申告敬遠で出塁した直後に、外崎の適時三塁打でダメ押しの生還。4番の仕事を果たした。

 熾烈な優勝争い。山川は「ずっと試合に出るのも今年が初めて。去年も途中から入って4番になった。自分の打撃をすることが、結果的にいい方向に向かうと思って、そこしか考えていません」と無心で挑んでいる。

 前日にはテレビで、気になる同年代のアスリートの歓喜を見届けた。大相撲名古屋場所で関脇御嶽海(25)が初優勝。その御嶽海が幕内に昇進し、敢闘賞を初受賞した2年前のこと。当時の田辺徳雄監督が「誰かに似てると思ってずっと見てたけど…。山川にそっくりだな(笑)」と言い始め、話題となった。

 山川本人も田辺前監督から直接言われたことがあるそうで、「似ていると思います。年は同じぐらいですかね?」と認めるほどだ。当時の山川は2軍暮らしが多かったが、昨季23本塁打で大ブレーク。しかし今度は御嶽海が優勝と、出世争いを繰り広げている。

 初優勝こそ先を越されたが、このままチームを牽引できればバラ色のオフが待っている。スポーツ関連の表彰式などで、夢の共演といきたいところだ。(塚沢健太郎)

関連ニュース