記事詳細

【ゴルフ真剣勝負 the MATCH】バンカーでは「ボールは絶対に上げない」 (1/2ページ)

★宮里聖志(2)

 アゴの高いバンカーショットでは、普段よりもボールを高く上げなくてはいけません。しかし、だからといって特別な打ち方をする必要はありません。むしろ、基本通りのショットをすれば、多少アゴが高めでもボールがアゴにぶつかることはないと思っていいでしょう。

 アドレスではすくいあげないようにするため、最初から左足体重で構えて体重移動をしないことが大事ですが、左足体重にした分、ボールの位置も左足寄りにしてください。左足体重でボールを右に置くと違和感があると思うので、これは自然とできるはずです。

 次に重要になってくるのがグリップの位置です。通常のショットでは、手元をボールより目標寄りに出すハンドファースト気味に構えている人が多いと思いますが(写真〔1〕)、バンカーショットでは手元を中に入れる、いわゆる“ハンドイン”(〔2〕)で構えます。

 その理由は、バンカーショットではフェースを開いて構えてほしいからです。開いた状態でハンドファーストで構えるとフェースがさらに右を向くため、ヘッドが遅れてしまうことになります。そうならないためにも、体の正面に手元を置くようにしてください。

関連ニュース