記事詳細

山根明会長、夕刊フジ取材に“マル暴”交際認めた「元組長との付き合いは58年」 韓国、家族、村田問題を赤裸々に語る (1/3ページ)

 数多くの疑惑が浮上する日本ボクシング連盟をめぐり、渦中の山根明会長(78)は4日、夕刊フジの取材に応じ、元暴力団組長との50年以上にわたる交友関係や生い立ち、ロンドン五輪金メダリスト、村田諒太(32)について赤裸々に語った。「黒い交際」を認めたことで日本オリンピック委員会(JOC)加盟団体のトップとしての資格が問われる事態となるのは避けられず、連盟理事からは「持たないかもしれない」との声も上がる。「山根氏追放」が焦点となってきた。

 山根氏については、山口組系暴力団に出入りし、元組長の男性の舎弟となるなど50年以上にわたり交友関係があったと報じられた。2013年に関係者に配布した文書では、1970年代に奈良県アマチュアボクシング連盟に介入していたヤクザ組織を排除、「ヤクザ組織は一切関与することなくなり、逆に一目置かれる存在となっていきました」とも誇っている。

 以下は山根氏との一問一答。

 --元組長とはいつからの付き合いか

 「約58年くらいになるのかな。僕自身が大阪・天王寺区の玉造いうところで1対6で商店街でケンカしたときからの話。ある人が元組長を紹介してくれた。そこからの付き合いになるんですけどね。(元組長は)『俺の舎弟や』って言ってるけど、盃も何もしていません」

 《3日放送の日本テレビ系「スッキリ」に生出演した山根氏は、「元暴力団の組長から脅迫を受けた」と明かして騒然とさせた》

関連ニュース