記事詳細

阪神・藤谷が野手転向「少しでも可能性があるなら」

 阪神の2年目投手の藤谷が30日、兵庫県西宮市の鳴尾浜球場で野手に転向することを明らかにし「少しでも可能性があるなら、その可能性に挑戦したいと思った」と話した。31日から本格的に野手の練習を始める。プロ入り後は1軍公式戦登板がなく、今季ウエスタン・リーグでは7試合に投げて防御率5・68。

 山口・周防大島高-パナソニックを経てドラフト8位入団した22歳。194センチ、92キロと大柄で、矢野2軍監督は「ロングティーでもチームの中でもしかしたら一番飛ばす可能性もある。覚悟もあるみたいだから、やってみようかということ」と説明した。内外野を問わずに練習させる方針。