記事詳細

巨人・杉内、現役引退を表明「これ以上はわがまま」

 巨人の杉内俊哉投手(37)は12日、東京都内のホテルで記者会見を行い、今季限りでの現役引退を表明した。「松坂世代」を代表する投手として通算142勝を挙げたが、2015年に股関節の手術を受けて以降は1軍での登板がなく「これ以上は僕のわがままになってしまう」と決断した理由を語った。

 最近は若い選手を自然と応援する気持ちになっていたという。「心のどこかで野球選手でなくなっているなというのがあった。勝負師として違うかなと感じた」と涙をこらえ切れずに話した。

 杉内は鹿児島実高から三菱重工長崎を経て02年にダイエー(現ソフトバンク)に入団。05年に18勝で最多勝を獲得し、パ・リーグ最優秀選手(MVP)と沢村賞に輝いた。フリーエージェント(FA)で巨人に移籍した12年に無安打無得点試合を達成。移籍1年目から3年連続で2桁勝利を挙げて巨人のリーグ3連覇を支えた。

 日本代表では三菱重工長崎時代を含め五輪に2度、ワールド・ベースボール・クラシック(WBC)に3度出場し、06、09年のWBC2連覇に貢献。通算成績は142勝77敗、防御率2・95だった。同学年には中日の松坂大輔投手や、同じく現役引退を表明した後藤武敏内野手、村田修一内野手(ルートインBCリーグ栃木)らがいる。

巨人・杉内俊哉「心から後輩を応援するようになり、勝負師として違うと感じた。この3年間リハビリを続けて、どこか心苦しかった。引退を決意してすっきりしたのはある。両リーグを代表するチームでできて、最後に巨人で終われたのはすごく幸せ」