記事詳細

巨人・高橋由伸監督続投!? 若手育成の手腕評価も、浮かび上がる疑問…巨人は「常勝」の看板を下ろすのか (1/4ページ)

 巨人の山口寿一オーナー=読売新聞グループ本社社長=が12日、今季が3年契約最終年の高橋由伸監督(43)に来季続投を要請する意向を示した。3年連続で優勝争いから脱落したが、高評価の理由は岡本和真内野手(22)ら若手野手の台頭だという。球団創設者の正力松太郎がいの一番に掲げた「巨人軍は常に強くあれ」という遺訓に従い、非情なまでに勝利を最優先してきた伝統が、巨人を特別な球団たらしめてきた。平成最後の秋に「常勝」の看板を下ろし12分の1の普通の球団となるのか。(笹森倫)

 7月に就任した山口オーナーはこの日、都内で12球団オーナー会議に初出席。帰り際に報道陣に対応し、高橋監督の手腕について言及した。

 「今春キャンプのまだ始まって間もない頃に、監督は『今年は若い選手を勇気を持って使っていく』という話をしていた。その後、いろいろ誤算があってチームの状態が必ずしも望んでいた状態ではないが、その姿勢を貫いてきてくれているところは、私としては評価をしています」

 具体例として、通算1本塁打から4年目の大ブレークで4番に定着した岡本、大卒2年目で二塁の定位置をつかみかけたが故障離脱中の吉川尚を挙げ、「本人たちの努力がもちろん大きいわけだが、かなりの成績を残してきているのは、監督やコーチ陣が力を合わせて若手を育てようとしてきたことも大きかったと思っている」とたたえた。

関連ニュース